NEWS

  1. 【子育て航海術】オンラインワークショップのご案内(22年3月~5月)
  2. 「子育て航海術」(21年11月~22年1月)の感想をいただきました。
  3. コーチングの感想をいただきました(30~40代女性会社員)

NEWS一覧を見る

BLOG

昨日は、新入社員研修のお仕事でした。
昨年もお声をかけていただいたので、
とても嬉しく思いながら登壇しました。

受講生は、3分の1が中国の方。
昨年、日本語能力試験のN1
(一番難しいレベル)をお持ちと
聞いていたので、今回も通訳は入れず、
日本語で研修を行いました。

まずは、社会人になって「期待していること」
「不安に思っていること」でお互いの自己紹介
(チェックイン)。

その中で、
「期待は、仕事を通して成長していくこと」
「不安は、これから知らない土地で一人暮らしをすること。
自分の日本語が伝わるのか不安」と話された方がいました。

そうした期待や不安を受けとめながら
研修を進めていきましたが、
受講者皆さんが難しいと話されていたのが、
敬語やビジネスで使う言い回し。

例えば「大変申し訳ございませんが」
というクッション言葉に、
「私ではわかりかねますので...」
といった表現。

学生時代には使う機会がないですよね。
「中国では敬語がなくて、挨拶も基本は1つ。日本語難しいですね・・・
ここからもっと勉強していきたいと思います!」
とチェックアウトで話された方もいました。

研修の最後は、グループでエール交換。
お互いの素晴らしいところ、
魅力的なところを伝えあう時間に。
皆さんから笑い声が出ていました。

この後続く研修が終わった後は、
全国各地へ行かれる皆さん。
イキイキと働かれることを祈っています。

今日も新入社員研修。
これからどんな方々との出会いがあるか、
とても楽しみです✨
またまた面白いインタビューをさせていただきました。

組織開発にシステムコーチングを活用する企業が増えていますが、
英国・ケンブリッジに本社を置き、世界100か国以上に拠点を持つ
製薬会社のアストラゼネカもその一つ。

人事本部長である奥村由香さんと
人事本部・I&D推進室及び組織開発リードの瀧口美穂さんに
どんなお仕事をされているのか、どのようなきっかけで
システムコーチングを学び、どう職場で活かしているのかお聞きしました。

率直にご自身の体験や気持ちを話してくださったのですが、
特にアルケミーコースに参加してからお二人のコーファシリテーションが
変わったというお話は非常に興味深かったです。

【前編】 【中編】 【後編】の3回に分けてお届けします。

277295762_466526251495533_916054957549798832_n.jpg
週末3日間、CRR Global Japanの「アルケミーコース」に参加していました。

アルケミーとは「錬金術、魔法」という意味。
参加者同士がパートナーを組み、2人でファシリテーションする
「コーファシリテーション(コーリード)」を行いながら、
「体験学習」を自然と生み出していく仕組みを学ぶコースです。

トレーナーは、ゆりちゃんこと森川有理さん&ふゆふゆこと佐藤扶由夫さん。
お二人は深い智慧と豊かな経験を持つエルダー的存在。

システムコーチング(Organization & Relationship Systems Coaching
=ORSC〈オースク〉)を学ぶ際にもお世話になったので、
何だかホームに帰ってきたような喜びと安心感がありました。

今回、お二人のコーファシリとその舞台裏を見せていただき、
「こんな風に魔法をかけていたのか...」と、その「アート」と「サイエンス」に驚愕。
最終日には、熟練の技が凄すぎて呆然としてしまいました。

今回はペア参加ではなく一人で参加したため、初めて会った人とコーファシリを体験。

お互いのことをまったく知らないのに意気投合。
話していくうちに共通した想いがあることがわかり、
共にチャレンジすることができました。

参加者の皆さんもアシスタントの皆さんもステキな人ばかり。
頭使って、心使って、体使って...最高の場でした。

早速、今日のセッションで学びを活用。良い感じです。
この学びを組織はもちろん、家庭やもっと大きな世界で使っていこうと思います。
あー楽しかった!

*コース中はマスクしていました。写真の時だけはずしています。

BLOG一覧を見る