NEWS

  1. 【9月末まで早割】子育て航海術オンライン編(2022年10月〜12月)
  2. 【子育て航海術】オンラインワークショップのご案内(22年3月~5月)
  3. 「子育て航海術」(21年11月~22年1月)の感想をいただきました。

NEWS一覧を見る

BLOG

「子どもには、自由にのびのびと育ってほしい」
「子どもの個性をつぶすことなく伸ばしてあげたい」

そう願っているにも関わらず、
忙しい日々の中で、つい感情的に叱ってしまったり、
子どもが社会できちんとやっていけるように先回りして、
知らず知らずのうちに 子どもの個性を抑えてしまったり。

また、同時に、

「親はイライラせず子どもを受容するべき」
「親は自分よりも子どもを優先するべき」
「子どもにとって"いい親"であるべき」

と、気づかないうちに
自分のことも抑えていることがありませんか?

「こうあるべき」の奥には必ず
それぞれの強い願いがあります。

子育て航海術では自分が大切にする願いに
つながる体験を通して、
自分の中に自分なりの子育ての「軸」を 育んでいきます。

「いい親」になろうとしなくていい。
より自分らしく、願いに繋がって、 イキイキと生きる親の姿を見て、
子どもたちも自然に自分らしく 自由に生きることを学んでいくのだと思います。

親として「何をしてあげられるのか?」 というdoingではなく、
親として「どうあるか?」というbeingを磨く。

今、私たちを取り巻く環境、常識はコロナを経て、
一段と大きく変わってきています。

新しい未来を生きる自分自身の「指針」を
一緒に育んでみませんか?

「子育て航海術」では、 共感コミュニケーション(NVC)の
エッセンスを使いながら、 丁寧に自分の感情を味わい、
自分の内側にある「大切なこと」に気づき、
自己理解、他者理解を深めていきます。

子育て中の方はもちろん、 子どもに関わる活動や仕事をしている方、
子どもたちの未来を応援したい方にも 学びや気づきのある講座です。

今回は、土日の参加が難しいという方向けに、
平日開催を企画しました。

詳細は下記の通りです。
ピンと来た方、お待ちしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~子育て航海術 オンライン編(Zoom)~

【日 時】
第1回:10月11日(火)10~13時
「共感的コミュニケーションと自己共感」

第2回:11月18日(金)10~13時
「やっかいな感情とうまくつきあう」

第3回:12月13日(火)10~13時
「真の願いから生きる」

【参加費】
12,000円

9月末までにお申し込みいただい方は
早割あります(10,000円)

お申込後、参加費のお振込のご案内を
ごメールにてお送りいたします。

1週間以内にお振込をお願いいたします。

【締め切り】
10月7日(金)
締め切り日より前に定員に達した場合は 締め切ります。

【キャンセルポリシー】

やむをえない理由で お申込みをキャンセルされる場合は、
以下でお願いいたします。

開催3日前 参加費の50%
開催2日前~前日 参加費の80%
開催日当日 参加費の100%

【定員】
6名様(お申し込み先着順。残席1名 9/30現在


【お申込み】
下記の申込みフォームから、 お申込みをお願いいたします。
https://forms.gle/ZVni2Uv7EHf31YHV6

参加者の皆さんとは facebookでグループページを作り、
受講中の気づきのシェアや資料の送付、
連絡事項の伝達を できればと思っています。

【ファシリテーター】
★大八木 智子(おおやぎ ともこ:大ちゃん)
子育て航海術認定ファシリテーター
(子育て航海術ファシリ養成4期生&愛とパワーの錬成ラボ1期生)

高3と小5の個性的な息子を育てながら、個人・夫婦・組織・
エグゼクティブ向けのコーチング、企業研修、執筆業などを通じて、
「人と組織の変容」をサポートしている。
長男が中3の秋から自主休校(不登校)した経験をきっかけに、
親としてのあり方を見つめ直す。願いは、つながりを感じながら、
誰もがイキイキと自分の人生を生きる社会が拡がっていくこと。
横浜在住。沖縄とBTSが大好き。

★森村 ゆき(もりむら ゆき:ゆきちゃん)
子育て航海術認定ファシリテーター
(子育て航海術ファシリ養成5期生&愛とパワーの錬成ラボ1期生 )

東京の西の端、山と川に囲まれた青梅市でわんぱくな6歳男児、
2歳女児の子育て中。第一子出産後、主人の仕事の都合で引越し
今までの仕事を手放すことになり、キャリアをリセット仕事も
したいけれど、子育てもしないといけないしと葛藤の日々を
過ごす中で、子育て航海術に出会う。自分を内省、探求していく中で、
こうしなくてはならないを手放し、願いから自分を生きる選択できるように。
アウトドア、体を動かすことが好き


94294136-9862-40F1-8ABC-48BB4C32895B.jpg

システムコーチングを実際に受けた方々と
そのプロセスを共に歩んだコーチの声の両方を聞ける
贅沢なインタビューをさせていただきました!

仲が悪いわけでも、特に大きな問題があるわけではないけれども、
どこか遠慮していた・・・

そんな横河電機の皆さんのインタビュー記事です。

【前編】【中編】【後編】の3回に分けて配信されました。
よかったら、読んでみてくださいね!
昨日は、新入社員研修のお仕事でした。
昨年もお声をかけていただいたので、
とても嬉しく思いながら登壇しました。

受講生は、3分の1が中国の方。
昨年、日本語能力試験のN1
(一番難しいレベル)をお持ちと
聞いていたので、今回も通訳は入れず、
日本語で研修を行いました。

まずは、社会人になって「期待していること」
「不安に思っていること」でお互いの自己紹介
(チェックイン)。

その中で、
「期待は、仕事を通して成長していくこと」
「不安は、これから知らない土地で一人暮らしをすること。
自分の日本語が伝わるのか不安」と話された方がいました。

そうした期待や不安を受けとめながら
研修を進めていきましたが、
受講者皆さんが難しいと話されていたのが、
敬語やビジネスで使う言い回し。

例えば「大変申し訳ございませんが」
というクッション言葉に、
「私ではわかりかねますので...」
といった表現。

学生時代には使う機会がないですよね。
「中国では敬語がなくて、挨拶も基本は1つ。日本語難しいですね・・・
ここからもっと勉強していきたいと思います!」
とチェックアウトで話された方もいました。

研修の最後は、グループでエール交換。
お互いの素晴らしいところ、
魅力的なところを伝えあう時間に。
皆さんから笑い声が出ていました。

この後続く研修が終わった後は、
全国各地へ行かれる皆さん。
イキイキと働かれることを祈っています。

今日も新入社員研修。
これからどんな方々との出会いがあるか、
とても楽しみです✨

BLOG一覧を見る